活性ウコンの特徴は、1日33円と経済的で、ウコンの吸収を高めるピペリンを含有しています。

ウコンは、ショウガ科ウコン属の多年草で、熱帯地方や亜熱帯地方で栽培されている植物です。

日本では、鹿児島県の各島や沖縄県内で栽培されています。

ウコンは、香辛料、着色料、生薬として昔から利用されています。

ウコンと聞いて、思いつくのは、ウコンの力ですよね。

ウコンの力は、カレールーで有名なハウス食品が販売しているのですが、

通信販売では、活性ウコンを販売しています。

ウコンには、クルクミンという高酸化力の高いポリフェノールが含まれています。

クルクミンは、ウコンの力やカレールーに含まれている黄色い成分になります。

使用されているウコンは、秋ウコンなのですが、

春ウコンよりクルクミン量が10倍含有されていると言われています。

ウコンは、体内への吸収があまり良くないと言われていました。

活性ウコンの特徴は、コショーの主成分である「ピペリン」を入れることで、吸収率を高めています

1日に必要なクルクミン量は、30mgと言われており、カレーライス3〜5皿に相当します。

活性ウコンなら、1日量である3粒で1日に必要なクルクミンを補うことができます。

活性ウコンを毎日摂取して、健康に生活していきたいですね。


「活性ウコン」は、1日わずか33円と経済的です。まずは、1000円お試しをどうぞ。

⇒ 活性ウコンの公式サイトはこちらからどうぞ!


NetCommons